読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MogLog

メモというか日記というか備忘録というか

『入門UNIXシェルプログラミング シェルの基礎から学ぶUNIXの世界』:シェルの概要

○コマンドとは、UNIXに何かを行わせる「道具」のこと。そのコマンドの一つに「シェル」がある。

○シェルは、ユーザーのしたいことをUNIXに伝える。そしてシェルだけが、UNIXと話をする唯一の手段としてユーザーに与えられた「道具」である。
→ つまり、UNIXを操作するということは、「シェルを操作すること」であり、シェルを仲立ちにしてUNIXに命令するということになる。

○シェルには2つの側面がある
1コマンドインタプリタとしての側面
スクリプト言語としての側面

インタプリタとして利用するシェルは、各人の使いやすいものを選ぶ(kshでもbashでもzshでも)

○スクリプトとしてのシェルには、Bシェルを利用する
→ BシェルはどんなUNIXシステムにも必ず装備されていて、絶対に使えるシェルであるため。「必ず存在する」ということが非常に重要で、マシンが何であろうとUNIXであれば動作するというメリットは計り知れないものになる。汎用性・流用性という面で、Bシェルが一番良い選択になる。

○Bシェル = Bourne shell(/bin/sh
 →「Bシェル=bash」ではない

○ksh, bash, zshはBシェル(sh)の拡張版。Bシェルでできることは当然行える。

○ログインシェルとは
ユーザーがログインした際、最初に起動するシェル。
ログインシェルはユーザーごとに違うシェルを設定することができる。
その設定は、ユーザー情報を登録するetc/passwdファイルに記述されている。