MogLog

メモというか日記というか備忘録というか

ポートベースのバーチャルホストを設定する

ポートベースのバーチャルホストの設定をした時の作業メモ。

IPアドレスは同じに、ポート番号だけでリクエストを振り分けて表示するページを切り替える。
今回は、

  • 192.168.56.101:5000
  • 192.168.56.101:7000
  • 192.168.56.101:9000

のようなURLにリクエストをしたときに、それぞれ異なるレスポンスを返すようにする。

apacheの設定ファイルに少し追記するだけでできた。

Listen 5000
Listen 7000
Listen 9000

NameVirtualHost 192.168.56.101:5000
NameVirtualHost 192.168.56.101:7000
NameVirtualHost 192.168.56.101:9000

<VirtualHost 192.168.56.101:5000>
  ServerName test1
  DocumentRoot "/var/www/first/"
</VirtualHost>

<VirtualHost 192.168.56.101:7000>
  ServerName test2
  DocumentRoot "/var/www/second/"
</VirtualHost>

<VirtualHost 192.168.56.101:9000>
  ServerName test3
  DocumentRoot "/var/www/third/"
</VirtualHost>

上述の設定で、

192.168.56.101:5000にリクエストをしたときには「/var/www/first/」ディレクトリのコンテンツを返し、
192.168.56.101:7000にリクエストをしたときには「/var/www/second/」ディレクトリのコンテンツを返し、
192.168.56.101:9000にリクエストをしたときには「/var/www/third/」ディレクトリのコンテンツを返すようになる。

各ディレクトリにindex.htmlファイルを作成して確認をする。

sudo sh -c "echo 'first page (port 5000)' > /var/www/first/index.html"
sudo sh -c "echo 'second page (port 7000)' > /var/www/second/index.html"
sudo sh -c "echo 'third page (port 9000)' > /var/www/third/index.html"

DocumentRootの/var/www/以下のディレクトリ構成はこんなかんじ。

$ tree
.
├── first
│   └── index.html
├── index.html
├── second
│   └── index.html
├── third
      └── index.html


ブラウザで確認する。
192.168.56.101:5000
f:id:mogulla3:20130921210301p:plain

192.168.56.101:7000
f:id:mogulla3:20130921210256p:plain

192.168.56.101:9000
f:id:mogulla3:20130921210246p:plain


終わり。

※ 参考
https://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/vhosts/examples.html