読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MogLog

メモというか日記というか備忘録というか

HomebrewでVim7.4をluaオプション付きでインストールする

単純に7.4をインストールするだけなら以下のコマンドでOK。

$ brew install vim

ただし、上のコマンドでインストールするとluaオプションがついていないため、neocompleteが使えない。
neocompleteをインストールしてvimを起動すると、以下のようなメッセージが出力される。

$ vim
neocomplete does not work this version of Vim.
It requires Vim 7.3.885 or above and "if_lua" enabled Vim.
Press ENTER or type command to continue

luaオプションをつけてインストールするには以下のコマンドでインストールする。

# luaをインストール
$ brew install lua

# オプションをつけてvimをインストール
$ brew install vim --devel --with-lua

あとは、既存の/usr/bin/vimよりもHomebrewでインストールした/usr/local/bin/vimが優先されるようにパスの設定を行えばOK。
ちなみに、その他にもhomebrewでvimをインストールするオプションがいくつかあるようだ。

$ brew options vim
--disable-nls
    Build vim without National Language Support (translated messages, keymaps)
--override-system-vi
    Override system vi
--with-client-server
    Enable client/server mode
--with-lua
    Build vim with lua support
--with-luajit
    Build with luajit support
--with-mzscheme
    Build vim with mzscheme support
--with-perl
    Build vim with perl support
--with-python3
    Build vim with python3 support
--with-tcl
    Build vim with tcl support
--without-python
    Build vim without python support
--without-ruby
    Build vim without ruby support
--HEAD
    install HEAD version

終わり。

参考